産経WEST

【関西の議論】退去か継続か 京大・吉田寮の「百年戦争」、最終局面へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
退去か継続か 京大・吉田寮の「百年戦争」、最終局面へ

 一方で大学側は基本方針で、退去した寮生のうち希望者には現在の寮費(1カ月400円)で大学が、ワンルームマンションなどの生活用の代替施設を用意すると提案。このままでは就職活動などに何らかの影響が出ることを恐れる一部寮生らが退去し始めているという。

 7月の会見で吉田寮問題を問われた山極寿一(じゅいち)総長は「対話は始まったばかり。誠実に答えてくれることを願っている」と語った。さらに、「これまで学生を信頼し自治を認めてきた。名前を名乗らずに集団で大声を上げる団交はしないが、寮生と話し合う必要性は感じている」と述べた。

市民向けツアー糸口に!?

 京大には吉田寮のほかに、熊野寮、室町寮、女子寮(立て替え決定)があるが、「安全性に問題があるのは吉田寮のみ」(京大)という。

 学生寮は学生が自治会をつくり、運営方針を決めて自主的に管理、運営する。昭和30~50年代には学生運動の拠点になった場所もある。学生寮をめぐっては、老朽化で取り壊しが決まった旧制一高寮の東京大駒場寮(東京都目黒区)では、反対派の寮生らが寮を占有。平成13年、明け渡しを求めた訴訟で最高裁が寮生側の上告を棄却し、廃寮となった。

 吉田寮の結論が見えない中、寮生側は、補修・改修のアイデアを募る「市民と考える吉田寮再生100年プロジェクト」を立ち上げた。その一環で、寮について広く知ってもらおうと、市民らを対象に寮内を巡りながら生活の様子を説明するツアーを計画。毎週土曜に食堂で寮生らが交流を図るために開店する「食堂酒場」への参加者を募っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 退去か継続か 京大・吉田寮の「百年戦争」、最終局面へ
  • 退去か継続か 京大・吉田寮の「百年戦争」、最終局面へ
  • 退去か継続か 京大・吉田寮の「百年戦争」、最終局面へ
  • 退去か継続か 京大・吉田寮の「百年戦争」、最終局面へ

「産経WEST」のランキング