産経WEST

【高校野球】北大阪大会決勝速報(5)大阪桐蔭は六回藤原が2ランなどで13点、23-2の大量リード

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高校野球】
北大阪大会決勝速報(5)大阪桐蔭は六回藤原が2ランなどで13点、23-2の大量リード

 大量リードを許す大院大高の反撃の機会は、六回に訪れた。

 2死から大野が死球で出塁すると、天川の左方向への二塁打で二、三塁のチャンスを広げる。ここで、これまでノーヒットの8番・小松が右越えの適時2点二塁打を放つ。集中打で2点を返した。

 一方の大阪桐蔭は動じない。むしろ、打者二巡する13点のビッグイニングを作った。

 この回の攻撃で、先頭打者の山田が三塁線を破る二塁打で出塁する。後続の2打者が打ち取られたが、1番・宮崎の左前適時打で加点。中川も一塁線を破る2点適時打と続く。

 そして、2死二塁から藤原が右翼席に2点本塁打をたたき込み、プロ注目の実力を見せつけた。その後も打線は圧倒的な攻撃力を示し、この回は11打者連続安打を含む13安打13得点。先発全員打点もマークした。

 六回終了時点で、23-2とさらにリードを広げた。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング