産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】豪腕・藤浪どこへ…今岡の復活劇に学べ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
豪腕・藤浪どこへ…今岡の復活劇に学べ

【プロ野球阪神対広島】1回、マウンドを降りる阪神先発の藤浪晋太郎=甲子園球場(森本幸一撮影) 【プロ野球阪神対広島】1回、マウンドを降りる阪神先発の藤浪晋太郎=甲子園球場(森本幸一撮影)

 藤浪も金本阪神も今岡誠(現=真訪、ロッテ二軍監督)の復活劇から何かを学べませんか-。藤浪晋太郎投手(24)は後半戦最初の登板だった26日の広島戦(甲子園)でわずか1/3回、2安打4四球の大乱調KO。これで今季は9試合登板で2勝3敗、防御率6・34という成績です。12年ドラフト会議で4球団が競合した豪腕が見る影もない有り様ですが、低迷→タイトル奪取を果たした先輩の復活劇に復肩への処方箋が隠されていないでしょうか。3年間の低迷から脱して首位打者や打点王に輝いた今岡誠の“V字軌道”に参考にするべき点があるはずです。

 見ている側が辛くなるようなマウンドの姿でしたね。チームが夏の長期ロードに旅立つ前の最後の試合。先発した藤浪が大乱調で試合をぶち壊しました。

 一回、先頭の田中にいきなり四球を与えると安部に中前打を浴びて無死一、三塁。丸にも四球で満塁。鈴木の遊ゴロの間に1失点。一死一、三塁から松山に四球。満塁から西川に左中間を破られ2点を追加され、続く岩本にもストレートの四球で満塁。ここで金本監督はたまらずベンチを立ちました。わずか1/3回で交代です。

 「ゲームの中でいろいろと試みたり、試したりした部分もあったんですけど、本当にどうしようもなかったです。チームに申し訳なかったです」 呆然(ぼうぜん)自失の藤浪はやっとのことで言葉を絞り出していました。試合開始直前に甲子園球場には激しい雨が降り、グラウンド整備などで1時間12分も待たされました。室内練習場で投球練習を行うなど必死で調整したのですが、リズムを取り戻せずにわずか18分でKO。 試合も初回の5失点が響き、3-9の大敗。首位・広島との3連戦に最低でも勝ち越しをもくろんだ阪神ベンチの思惑も藤浪の乱調が吹き飛ばしてしまいました。金本監督は試合後、「まあ見ての通り。マウンドの状態かって? それは本人に聞いて見てよ。俺は分からないから」と語り、今後の登板については「うーん、厳しいかもなぁ、ちょっと」と言葉を濁すしかありませんでした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 豪腕・藤浪どこへ…今岡の復活劇に学べ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング