産経WEST

【高校野球】広陵ナイン「野球できる幸せ伝える」 豪雨被害の広島から甲子園へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高校野球】
広陵ナイン「野球できる幸せ伝える」 豪雨被害の広島から甲子園へ

広島大会決勝で広島新庄にサヨナラ勝ちし、喜び駆けだす広陵ナイン=広島県尾道市 広島大会決勝で広島新庄にサヨナラ勝ちし、喜び駆けだす広陵ナイン=広島県尾道市

 ベンチに入れなかった部員たちの大声援に押された打球は、外野手の前にぽとりと落ちた。広島大会の決勝は、広陵が広島新庄にサヨナラ勝ち。延長戦に終止符を打った2年生の藤井は「いつも練習につき合ってもらっている先輩の思いもある」と手放しで喜んだ。

 藤井は同点の四回、中堅の守りで失策を犯し、勝ち越し点を与えていた。それでも八回に同点打を放って名誉挽回し、十回に試合を決めた。いずれも2死での一打で「物おじしないタイプなので」と誇らしげだった。

 西日本豪雨で大きな被害が出た広島。この日、三塁コーチを務めた坂本は広島市安芸区矢野南出身だ。広陵の寮にテレビはなく、数日遅れで届いた新聞で地元の様子を知り「本当に起きていることなのか」と驚いた。ボランティアに励む知人もおり「自分に今できることは野球。元気なプレーを見せることが役目」と力を込める。

 中井監督は「自分たちが目の当たりにしたこと、野球ができる幸せを伝えていきたい」と、準優勝した昨年とは違う思いを持って甲子園に向かう。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング