産経WEST

【夕焼けエッセー 平成29年度年間賞選考経過】「感謝を伝えるおもちゃの電話」心動かされる優しさ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【夕焼けエッセー 平成29年度年間賞選考経過】
「感謝を伝えるおもちゃの電話」心動かされる優しさ

 夕焼けエッセーの平成29年度年間賞の選考会は、選考委員3人が「感謝を伝えるおもちゃの電話」を推薦。月間賞の中から選ぶとあって、「どの作品もいい」「さすがは月間賞」と悩んだ末の選考となった。最後はエッセーを書く際のポイントも尋ねた。

 丸橋 昨年に初めて公開で年間賞の選考会をしてから、もう1年がたったんですね。さすがに年間賞とあって、今回もいい作品がそろっています。

 玉岡 本当です。「やっぱり良い作品を月間賞にしている」と自画自賛しちゃいます。命に関するものから、介護から学ぶ人生、子供への親の愛と、あらゆる人生の一コマが12作品に詰まっていますね。

 丸橋 選ぶ視点によって、どれが年間賞になってもおかしくない。

 玉岡 3人の推薦が重なったのは「感謝を伝えるおもちゃの電話」ですね。亡くなった友人の娘さんが、筆者にもらった天国のママと繋がるおもちゃの電話を、20年たった今も大事に手元に置いている…何度読んでも泣けてきます。

 眉村 これは読んだときにやられた、と感じた作品です。筆者と、筆者の気持ちを大切にする娘さんの優しさがいい。

 丸橋 常連の投稿者で本当に文章が上手です。年間賞はこれで決まりですかね。

 玉岡 異議無しです。筆者と娘さんの温かさに心を動かされました。

続きを読む

「産経WEST」のランキング