産経WEST

【銀幕裏の声】ゴジラ関西へ上陸!(下)「最大の魅力は都市破壊の映像表現」大森一樹監督が語るミニチュアセットの臨場感

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
ゴジラ関西へ上陸!(下)「最大の魅力は都市破壊の映像表現」大森一樹監督が語るミニチュアセットの臨場感

「ゴジラ最大の魅力は都市を破壊する映像表現だ」という大森一樹監督 「ゴジラ最大の魅力は都市を破壊する映像表現だ」という大森一樹監督

 「着ぐるみやミニチュアのセットは日本の特撮映画が生み出した独特のアナログ技術。CG映像の進化によってデジタル化が進む将来、もう二度と、こういう展示はできなくなるかもしれません」(大森一樹監督)。世界に誇る日本の特撮(特殊技術撮影)映画などの舞台裏を紹介する「特撮のDNA 平成に受け継がれた特撮“匠の夢”」が、9月2日まで兵庫県明石市の市立文化博物館で開催中だ。平成元年に公開された“平成ゴジラ”第1弾「ゴジラvsビオランテ」を、亡くなった川北紘一特技監督とともに手掛けた大森監督はしみじみと語った。   (戸津井康之)

■「ゴジラだから許された」

 CG全盛の現代と違い、昔はロケやセットでの撮影が多かった。特撮のイメージが強いゴジラ作品も例外ではない。

 同展では、実際に「ゴジラvsビオランテ」の撮影で使用された「92式メーサービーム戦車」など、ゴジラと戦った数々の自衛隊の秘密兵器の模型も展示されている。

https://www.youtube.com/watch?v=8iCYQoohREM

 「『ゴジラvsビオランテ』は、陸上自衛隊が初めて全面協力した特撮映画なんです」と大森監督はいう。「大阪城公園にゴジラが出現し、迷彩服姿の自衛隊員と対決するシーンなど、当時としては画期的な作品でした」。

続きを読む

このニュースの写真

  • ゴジラ関西へ上陸!(下)「最大の魅力は都市破壊の映像表現」大森一樹監督が語るミニチュアセットの臨場感
  • ゴジラ関西へ上陸!(下)「最大の魅力は都市破壊の映像表現」大森一樹監督が語るミニチュアセットの臨場感
  • ゴジラ関西へ上陸!(下)「最大の魅力は都市破壊の映像表現」大森一樹監督が語るミニチュアセットの臨場感

関連ニュース

「産経WEST」のランキング