産経WEST

【高校野球北大阪大会】外野手を先発投手に…履正社、また大阪桐蔭に屈す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高校野球北大阪大会】
外野手を先発投手に…履正社、また大阪桐蔭に屈す

【大阪桐蔭-履正社】9回表、ピンチで浜内太陽(中央)のもとに集まる履正社ナイン=27日、大阪シティ信用金庫スタジアム(恵守乾撮影) 【大阪桐蔭-履正社】9回表、ピンチで浜内太陽(中央)のもとに集まる履正社ナイン=27日、大阪シティ信用金庫スタジアム(恵守乾撮影)

 強豪同士の対決となった北大阪大会の準決勝。九回2死までリードした履正社は、またしても大阪桐蔭の前に屈した。

 普段は外野手を務める浜内が公式戦初という先発マウンドへ。六回まで無失点と好投したが、最後に打たれた主将は「勝利をつかみたかったが、自分のせいで逆転されてしまった」と肩を落とした。

 投手陣の層が薄く、高校入学時に投手だった浜内に白羽の矢を立てた。「例年に比べて、戦力的に差はあるなと感じていた。(浜内の先発は)大ばくちと言えば、大ばくちです」と岡田監督。敗れたとはいえ、強さを見せた戦いぶりだった。

       (北大阪)

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング