産経WEST

パナソニック住宅関連で海外強化 中印で現地企業と提携

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パナソニック住宅関連で海外強化 中印で現地企業と提携

 パナソニックは26日、住宅関連事業について、中国とインドでそれぞれ現地企業と提携することで合意したと発表した。中国は高齢者向け住宅を手がける企業と資本提携、インドでは不動産大手と業務提携し、パナソニックはシステムキッチンやユニットバスといった住宅部材を展開する。

 パナソニックは住宅関連事業を手がける社内分社のエコソリューションズ社で、2017年度に3250億円だった海外売上高を20年度に5千億円に引き上げる目標を掲げている。パナソニックは日本で圧倒的シェアを持つ電設事業を核にして、海外でも攻勢をかける方針。

 パナソニックの伊東大三常務執行役員は「家電で難しくなった他社製品との差別化を電設事業などで進める」と説明。「パートナーを見つけた地域から事業を本格展開する」という。中国での住宅関連事業では、今回とは別の現地企業との提携も今秋に発表する見通し。

「産経WEST」のランキング