産経WEST

【関西の議論】和菓子と日本酒のマリアージュ、各地で人気上昇中

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
和菓子と日本酒のマリアージュ、各地で人気上昇中

奈良市で開かれたイベント「オトナの女性が日本の伝統文化を楽しむ集い」。日本酒と和菓子の意外な組み合わせを楽しむ参加者たち=奈良市 奈良市で開かれたイベント「オトナの女性が日本の伝統文化を楽しむ集い」。日本酒と和菓子の意外な組み合わせを楽しむ参加者たち=奈良市

 和菓子の老舗「虎屋」(東京都)が昨年、和菓子とお酒の相性に焦点を当てた企画展「和菓子で酔う」を都内で開いて好評を得た。お酒のあてに和菓子という組み合わせが広まりつつある。蔵元が多い関西でも、イベントやフリーペーパーで日本酒と和菓子のマリアージュ(組み合わせの良さ)が紹介され、じょじょに認知が進む。お酒のあてにほんのり甘い和菓子-それがオトナの文化である。   (木村郁子)

■蔵元が和菓子店でイベント

 明治26(1893)年創業という老舗の蔵元「梅乃宿酒造」(奈良県葛城市)は6月末、奈良市の和菓子店「中西与三郎ならまち本店」で「オトナの女性が日本の伝統文化を楽しむ集い~日本酒と和菓子が合うんです。」を開催。20~60代の約50人の女性が参加、和菓子と日本酒というオトナの文化を楽しんだ。

 菓子制作を担当したのは、同店の和菓子職人、鈴木さやかさん(33)。白味噌と白醤油を隠し味に利かせた菓子「月ヶ瀬」は、見た目は梅そのもの。その色、形を愛でて口に入れると、ほのかな甘さと塩辛さが漂う。お正月に食べる花びら餅のような味だ。すかさず純米吟醸「紅梅」を口に含めば、酒のさわやかな酸味に、芳醇な味わいが口いっぱいに広がる。まさにお互いが引き立て合う存在といえる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 和菓子と日本酒のマリアージュ、各地で人気上昇中

「産経WEST」のランキング