産経WEST

【正木利和のスポカル】「僕の作品をスティングが…」79歳美術家、堀尾貞治のあたりまえの熱さ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【正木利和のスポカル】
「僕の作品をスティングが…」79歳美術家、堀尾貞治のあたりまえの熱さ

レイアウトを終えたばかりの個展会場で熱っぽく語る堀尾貞治さん=大阪市中央区 レイアウトを終えたばかりの個展会場で熱っぽく語る堀尾貞治さん=大阪市中央区

 もういい年になるので、取材対象に叱咤(しった)激励されるケースというのは、ほとんどなくなってしまった。若いころは、ほめられることはないくらいのもので、しかられては励まされ、ということがしょっちゅうあったが、そんな年でもなくなってしまった、ということなのだろう。

 取材する人たちも、年下であることが増えた。彼らが何かを思ったとしても、遠慮することだってあるだろう。

 ところが、先日、久しぶりに厳しい言葉を頂戴し、ブルッと身の引き締まる思いをした。

 インタビューの相手は戦後、関西で登場した前衛美術グループ、具体美術協会(具体)のメンバーだった現代美術作家、堀尾貞治さん(79)である。

   □    □

 いま、堀尾さんは大阪市中央区上本町西の楓ギャラリー( http://www7a.biglobe.ne.jp/~kaede-g/ )で個展を開催中(7月29日まで)だ。

 「忙しゅうて困るわ」

 聞けば、ベルギーのアート・ディーラーで、コレクターでもあるアクセル・ヴェルヴォールト氏の招きで、5月31日から6月11日まで、アントワープで展覧会をしていたのだという。

 「10メートルを超える作品やら、大きな作品を20点ほど展示しました。ほかにもアクセルが画用紙に描いた作品を100点ほど集めてくれて、それも。パフォーマンスもやったし、気球に乗ったりもしてね、楽しかったわ。そうそう、僕の作品をスティングが買うてくれましたわ」

 もちろん、あの英国出身のミュージシャンのことである。

 さらに、今回と並行して東京・三鷹市でも個展があり、それが終わるやいなや神戸と東京・神田で、と展覧会はめじろ押し。とにかく息つく暇のないほどの売れっ子美術家なのである。

 その堀尾さんの今回のギャラリー楓での展覧会「堀尾貞治展-あたりまえのこと-“楓ギャラリーでの四角連動”」を、ひと目見ておこうと猛暑のなか手入れの行き届いた和風の庭をもつ会場へ足を運んだ。

   □    □

 ギャラリーの壁面は、堀尾さんらしい絵で埋まっていた。

 画用紙に不透明水彩を使ってスピーディーに描き上げた作品群だ。その数約200点。このあたり、「生きていること自体が表現になる」という堀尾さんらしい。なにせ、作品を1分で仕上げてしまう「1分打法」の“強打者”なのだから。もちろん、その「打法」は「貞治」つながりでもじったもの。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「僕の作品をスティングが…」79歳美術家、堀尾貞治のあたりまえの熱さ

関連ニュース

「産経WEST」のランキング