産経WEST

【動画・時刻表は読み物です】8時ちょうどの「あずさ」は3号 エル特急全盛時代 国鉄監修 交通公社の時刻表・昭和53年10月号

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画・時刻表は読み物です】
8時ちょうどの「あずさ」は3号 エル特急全盛時代 国鉄監修 交通公社の時刻表・昭和53年10月号

赤とクリームの国鉄特急色の183系で運転されていた「エル特急・あずさ」=昭和52年、国鉄新宿駅 赤とクリームの国鉄特急色の183系で運転されていた「エル特急・あずさ」=昭和52年、国鉄新宿駅

 キャッチフレーズは「数自慢、カッキリ発車、自由席」。例えば雷鳥は本数(下り片道)16本を誇り、大阪発は毎時5分発(35分発もあり)に固定され、12両編成中3両が自由席だった。国鉄がエル特急を前面に押し出したのは、特急は気軽に乗れることをアピールし、増収につなげるため。「エル」に特段の意味はなく、ラブリー、リトル、ライナーの「L」からとったという説もある。

 全国津々浦々を走ったエル特急だが、中高年層に最も有名な列車を挙げるなら中央線で新宿、松本などを結ぶ「あずさ」だろう。52年3月、兄弟デュオの「狩人」がデビュー曲として発表した「あずさ2号」は、傷心の女性が新宿発8時ちょうどの「エル特急・あずさ2号」に乗り、信濃路へ旅立つ心情をつづったもので、大ヒットした。

 ただ、新宿発8時ちょうどの「あずさ2号」は曲が発売されたわずか1年半後に消えた。理由は交通公社の53年10月号の黄色いページの「上り偶数、下り奇数」という項目を読めば分かる。それまでは早く出発する列車から1号、2号とつけられていた在来線の特急、急行の号数を、新幹線と同様、上り列車は偶数、下り列車は奇数とするようにルールを変えたのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 8時ちょうどの「あずさ」は3号 エル特急全盛時代 国鉄監修 交通公社の時刻表・昭和53年10月号
  • 8時ちょうどの「あずさ」は3号 エル特急全盛時代 国鉄監修 交通公社の時刻表・昭和53年10月号

「産経WEST」のランキング