産経WEST

工藤会系組幹部ら3人起訴 ゼネコン社員の車銃撃

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


工藤会系組幹部ら3人起訴 ゼネコン社員の車銃撃

 福岡市博多区で平成20年、大手ゼネコン「大林組」九州支店の車が銃撃された事件で、福岡地検は20日、銃刀法違反と器物損壊の罪で特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)系組幹部、田中幸雄容疑者(51)ら男3人を起訴した。

 残る2人は無職の大曲俊定容疑者(67)、清掃業、浦誠治容疑者(43)。3人は殺人未遂容疑でも逮捕されたが、地検は「起訴するに足りる証拠がなかった」として嫌疑不十分で不起訴とした。ほかに逮捕された無職男性(56)は全ての容疑について嫌疑不十分で不起訴とした。

 起訴状によると、田中被告らは共謀し20年1月17日午後3時40分ごろ、博多区の路上で大林組社員ら3人が乗った車に4発発砲し、バンパーなどを壊したとしている。

「産経WEST」のランキング