産経WEST

JR関西線が最大50キロの速度超過 線路の温度上昇、規制失念 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JR関西線が最大50キロの速度超過 線路の温度上昇、規制失念 

 JR西日本は20日、関西線の木津駅(京都府木津川市)で19日に線路が高温になり過ぎたとして速度規制をした際、4本の列車がこの規制速度を上回るスピードで走行していたと発表した。運転指令や運転士が失念したことが理由としている。

 JR西によると、19日午後、奈良-木津間で3本、木津-加茂間で1本の列車が速度超過。時速45キロの規制を最大50キロ超えて走行していた。運転指令が奈良-木津間で徐行運転の通告を忘れていたほか、木津-加茂間では運転士が他のことを考えていた。

 JR西は「指導を徹底し、再発防止に努める」としている。

「産経WEST」のランキング