産経WEST

岡山の工場爆発で現場検証、浸水で水蒸気爆発か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


岡山の工場爆発で現場検証、浸水で水蒸気爆発か

爆発事故があった朝日アルミ産業岡山工場を現場検証する捜査員ら=岡山県総社市 爆発事故があった朝日アルミ産業岡山工場を現場検証する捜査員ら=岡山県総社市

 岡山県総社市の朝日アルミ産業岡山工場で6日、爆発が起き、付近の住民がけがをした事故で、県警は19日、業務上過失傷害の疑いで工場を現場検証した。

 当時、県内に大雨特別警報が出ており、工場内に浸水していた。県警は水が高温のアルミニウムに触れて水蒸気爆発したとみて、安全管理に問題がなかったか調べる。

 事故は6日午後11時35分ごろ、工場で爆発があったと110番があった。アルミを溶解する炉が爆発。工場付近の住宅と空き家、車庫の計3棟が全焼した。工場は通常24時間操業だが、大雨で近くの川が増水して浸水の恐れがあったため、事故前に炉の運転を中止。6日午後10時ごろには従業員全員が退社し、爆発時は無人だった。

 捜査関係者によると、最後まで工場に残っていた従業員は「高温のアルミを炉から取り出す作業をしていたところ、膝のあたりまで浸水がきてひどくなってきたので避難した」という趣旨の話をしている。

このニュースの写真

  • 岡山の工場爆発で現場検証、浸水で水蒸気爆発か

「産経WEST」のランキング