産経WEST

【衝撃事件の核心】なくならない違法風俗店、「又貸し」「黙認」が原因

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
なくならない違法風俗店、「又貸し」「黙認」が原因

 商業ビルの一室が又貸し(転貸借)され、違法風俗店の開業に使われるケースが後を絶たないとして、大阪府警はビルオーナーに対する指導の強化に乗り出した。大阪・キタで2月、未成年者を雇用していた違法風俗店を摘発した事件では、だれが経営しているのか、その実態を隠すために転貸借が悪用されていた。ただ貸す側のオーナーの間でも、違法営業に対する認識には温度差があり、一筋縄ではいかない。

マネロン手段に

 6月21日、大阪市北区茶屋町の大学施設。キタの繁華街にビルを持つオーナーら約40人が、管轄する曽根崎署の担当者の説明に耳を傾けていた。

 違法営業をさせないよう賃借人に誓約書を書かせること、業務内容や届け出・許可の有無を確認すること-。

 警察がこんな要請をするのは、今年2月の事件がきっかけだった。

ビル経営者に対し建物契約時の注意点を説明する大阪府警の勉強会=大阪市北区 ビル経営者に対し建物契約時の注意点を説明する大阪府警の勉強会=大阪市北区

 未成年者を雇って無許可で風俗店を営業をしたとして、大阪府警生活安全特捜隊は、風営法違反や労働基準法違反容疑で、同市北区堂山町にあるグループ系列のガールズバー計4店舗を摘発した。この店舗がいずれも転貸借の物件だったのだ。

 府警によると、グループ代表の韓国籍の男(54)はオーナーから借りた部屋を、部下である各店舗の店長らに又貸ししていたという。男は転貸借契約上の転貸人であることを強調し、「貸していただけ」と容疑を否認した。

 しかし、府警は内偵捜査で、男と店長らが複数回にわたって会議を開いていたことを確認。さらに押収資料を分析し、店舗経営に対する指示をしていたことを突き止めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • なくならない違法風俗店、「又貸し」「黙認」が原因

関連トピックス

「産経WEST」のランキング