産経WEST

【ヒューリック杯棋聖戦】タイトル8人分け合う“戦国時代” 1人1タイトルは31年ぶり

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ヒューリック杯棋聖戦】
タイトル8人分け合う“戦国時代” 1人1タイトルは31年ぶり

熱戦を繰り広げた羽生善治棋聖(左)と豊島将之八段。108手で豊島八段がタイトルを手にした=17日、東京都千代田区の都市センターホテル(松本健吾撮影) 熱戦を繰り広げた羽生善治棋聖(左)と豊島将之八段。108手で豊島八段がタイトルを手にした=17日、東京都千代田区の都市センターホテル(松本健吾撮影)

 「第89期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦五番勝負」で、二冠を保持していた羽生(はぶ)善治(よしはる)前棋聖(きせい)(47)=竜王=から、挑戦者の豊島(とよしま)将之(まさゆき)新棋聖(28)が棋聖位を獲得したことで、将棋界は八大タイトルを8人が分け合う“戦国時代”に突入した。1人1タイトルずつ分け合うのは、七大タイトル制だった昭和62年以来、31年ぶり。羽生前棋聖らが長く複数タイトルを保持してきたが、近年は若手が台頭、世代交代が進む。

「群雄割拠」過去に1度

 昭和58年に王座戦が昇格して七大タイトル制になり、昨年、叡王(えいおう)戦が加わって八大タイトル制となった。昭和62年10月、王座戦で塚田泰明九段(53)が、二冠だった中原誠十六世名人(70)からタイトルを奪い、7つのタイトルを7人で分け合う状態に。しかし、同年11月、棋王を保持していた高橋道雄九段(58)が、竜王戦の前身「十段戦」で福崎文吾九段(58)からタイトルを奪い二冠となった。

 以降、複数のタイトルを保持する棋士が常にいた。羽生前棋聖は平成3年以降、常にタイトルを保持し続け、8年には七冠独占を達成。現タイトル数は単独トップの99期だ。

 しかし、近年は20代の強豪が台頭し“羽生一強”から勢力図が変わってきた。平成28年、当時四冠の羽生前棋聖は、名人を佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に奪取された。翌年、王位を菅井竜也王位(26)に、王座を中村太地(たいち)王座(30)に、そして今回、棋聖を豊島新棋聖に奪われた。

AIでレベル上げ

 羽生前棋聖は40代後半。一般的に体力が衰えてもおかしくない。昨年12月、「永世七冠」を達成した際に「今回が最後のチャンスと思っていた」とし、「最近は将棋の内容が大きく変わってきていて、ついていくことが難しくなっている」と吐露していた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング