産経WEST

【西日本豪雨】JR不通の呉-広島に特例バス 緊急車両用区間走行 JRと広島電鉄

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
JR不通の呉-広島に特例バス 緊急車両用区間走行 JRと広島電鉄

西日本豪雨被害でJR呉線が不通。緊急車両用の道路を走る通勤・通学用の特例バスに多くの人が並んだ=17日午前5時23分、広島県呉市(彦野公太朗撮影) 西日本豪雨被害でJR呉線が不通。緊急車両用の道路を走る通勤・通学用の特例バスに多くの人が並んだ=17日午前5時23分、広島県呉市(彦野公太朗撮影)

 西日本豪雨の被害で移動できないJR呉-広島駅間の代替交通手段として、広島県やJR西日本、県バス協会は17日から、通勤・通学者向けの特例バスの運行を始めた。現在は緊急車両のみが通行できる広島呉道路の通行止め一部区間を走り、渋滞を回避するとしている。

 バス運行は県やJR、広島電鉄などが協力する。

 JRのバスは、JR呉線三原-海田市駅間の不通区間を一部でも含む定期乗車券(ICOCA定期券を含む)、普通回数乗車券を持っていて、今月6日までに購入した人が対象となる。

 呉-広島駅間を1日約30便運行。呉駅は午前5時半以降、広島駅は午後6時半以降に順次出発する。

 JRは呉港-広島港(宇品)間の船も合わせて運航する。1日1便で、呉港を午前6時35分に出航。車や自転車などの乗り入れはできない。

 JRの定期券などを利用していない人は広島電鉄のバスを利用できる。JR呉駅と広島バスセンター(BC)を結んで1日片道16便運行する。

 乗車場所は、広島方面行きが呉駅前5番ホームで午前6時22分から。呉方面行きが広島BC6番ホームで午前6時35分から。運賃はクレアライン線と同様の720円。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング