産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神・高代、平田、久慈の3コーチの責任は重大 内野陣固定できず後半戦次第で追及される可能性が…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
阪神・高代、平田、久慈の3コーチの責任は重大 内野陣固定できず後半戦次第で追及される可能性が…

植田海(左)にバントのアドバイスを送る高代コーチ 植田海(左)にバントのアドバイスを送る高代コーチ

 センターラインを中心とする内野陣の固定へ、高代、平田、久慈の3コーチの責任は重大です。阪神は16日からの巨人3連戦(甲子園)で後半戦スタートしますが、残り69試合は逆転Vと若手選手の成長を大目標とするわけです。しかし、前半戦の戦いでは規定打席に到達した若手野手が糸原健斗内野手(25)だけ。開幕前から指摘されていたセンターラインを中心とする内野陣は固定できませんでした。内野手出身3コーチは後半戦の選手起用&育成の結果次第では責任を追及される可能性が高いですね。

 いよいよ後半戦のスタートを迎えました。しかも相手は宿敵・巨人。前半戦4連勝フィニッシュを飾って上り調子の巨人と地元、甲子園球場で3連戦を戦います。その後はDeNA、広島との戦いが続きますね。一気に走って欲しいものです。

 「巨人に3連勝すれば勝率5割に戻る。いい雰囲気になるだろうし、逆転優勝の芽も出てくる。逆に3連敗や、負け越したりすると借金も増えてチームのムードも悪くなるだろう。まずは巨人戦に集中して、なんとしても勝ち越し。できれば3連勝して欲しい」

 阪神OBのひとりはこう語りましたが、まさに阪神ファンの思いはひとつですね。巨人戦3連勝で後半戦に勢いをつけて欲しい…。逆転優勝の足がかりになって欲しいと願っています。

 前半戦35勝38敗1分の借金「3」。首位・広島とは7ゲーム差で折り返した阪神ですが、リーグ全体の低勝率に助けられて3位です。残り69試合で逆転優勝を目指す立場をかろうじてキープしていると言えるでしょう。

 もちろん、金本阪神のもうひとつの大きなテーマである若手野手の育成という意味でも、後半戦の戦いは大事です。金本監督が監督に就任して3年目があと69試合で終わる、という見方もできます。

 さあ、3年でどれだけの選手が成長したのか…。どれだけの選手がレギュラーポジションを奪ったのか…。残り試合では若手野手の成長度も注目されるでしょう。

 逆転優勝と若手野手育成。少し目標地点が離れているようにも受け取られますが、そうではありません。期待した新外国人選手ロサリオが打撃不振で2軍落ち。後半戦スタートの段階でも1軍登録を見送られる状況下では、より若手野手への戦力的な比重が増します。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング