産経WEST

「うめきた2期」開発で大阪・梅田は爆発的に進化 鉄道新駅を建設、IR・万博誘致とも連動

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「うめきた2期」開発で大阪・梅田は爆発的に進化 鉄道新駅を建設、IR・万博誘致とも連動

 JR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」(大阪市北区、約16ヘクタール)の開発事業者が三菱地所、オリックス不動産、阪急電鉄などのグループに決まった。豊かな緑とイノベーションを融合させる計画で、大阪の玄関口が大きく生まれ変わる。訪日外国人客が急増する中、大阪を南北に結ぶ鉄道新線「なにわ筋線」が完成すれば、関西国際空港へのアクセスも向上。大阪を国際都市に飛躍させる上で、「うめきた」への期待は大きい。(牛島要平)

「うめきた2期」開発エリアの全景(イメージ、三菱地所提供) 「うめきた2期」開発エリアの全景(イメージ、三菱地所提供)

「なにわ筋線」で関西空港へアクセス

 「大阪は爆発的な進化を遂げる。うめきたはその中心的存在になる」

 大阪市の吉村洋文市長は12日の記者会見でそう力を込め、大阪のまちづくりについて「東京五輪・パラリンピック後の2024年、25年がターゲットポイント」との認識を示した。大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)への誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)、2025年国際博覧会(万博)に向けて、大阪全体の開発を推進する意向だ。

 大阪府と大阪市は、中之島地区でも再生医療など最先端医療の実用化を目指す「未来医療国際拠点」構想を進めているが、吉村市長は「これらのプロジェクトを有機的に連動させる」と戦略を描く。

▼【関連ニュース】「うめきた2期」開発で健康・医療の新産業創出へ 三菱地所「スポーツなど実験イベントも」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「うめきた2期」開発で大阪・梅田は爆発的に進化 鉄道新駅を建設、IR・万博誘致とも連動
  • 「うめきた2期」開発で大阪・梅田は爆発的に進化 鉄道新駅を建設、IR・万博誘致とも連動
  • 「うめきた2期」開発で大阪・梅田は爆発的に進化 鉄道新駅を建設、IR・万博誘致とも連動
  • 「うめきた2期」開発で大阪・梅田は爆発的に進化 鉄道新駅を建設、IR・万博誘致とも連動
  • 「うめきた2期」開発で大阪・梅田は爆発的に進化 鉄道新駅を建設、IR・万博誘致とも連動

関連トピックス

「産経WEST」のランキング