産経WEST

巨大な鉾「曳き初め」 祇園祭の綱引き厄よけ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


巨大な鉾「曳き初め」 祇園祭の綱引き厄よけ

京都・祇園祭の山鉾巡行を前に、鉾の「曳き初め」に参加する浴衣姿の女性たち=平成30年7月12日午後、京都市 京都・祇園祭の山鉾巡行を前に、鉾の「曳き初め」に参加する浴衣姿の女性たち=平成30年7月12日午後、京都市

 京都・祇園祭の前半のハイライト、前祭(さきまつり)の「山鉾(やまほこ)巡行」を前に、巨大な鉾の試し引きをする「曳(ひ)き初め」が12日、京都市中心部の四条通周辺であった。綱を引くと厄よけになるとされ、大勢の観光客も参加した。

 鶏(にわとり)鉾は、近くの池坊短大の女子学生らが力を合わせ引っ張った。「エンヤラヤー」の掛け声を合図に重さ約10トン、高さ約24メートルもの鉾が動きだすと、沿道で見守った人々が歓声を上げた。浴衣姿で参加した1年の井上加菜子さん(18)は「意外と軽かった。祭りの雰囲気を楽しめた」とうれしそうだった。

 この日は、巡行の先頭を進む長刀(なぎなた)鉾や函谷(かんこ)鉾などでも実施した。

「産経WEST」のランキング