産経WEST

農家のエミューが逃走 農地荒らすイノシシ対策で飼育 岐阜・美濃加茂

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


農家のエミューが逃走 農地荒らすイノシシ対策で飼育 岐阜・美濃加茂

 12日朝、岐阜県美濃加茂市蜂屋町上蜂屋で、農家の男性(63)が飼っていたダチョウに似た大型の鳥エミュー1羽が逃げた。エミューは臆病な性格で人に危害を加える恐れは少ないが、加茂署などが周辺住民に注意を呼び掛けている。

 岐阜県警加茂署によると、逃げたエミューは体長約1・6メートル、体重約50~60キロの雄。高さ2・5メートルの柵を飛び越えたとみられる。同日午前6時ごろ、柵内にいるのを男性が確認したが、午前8時ごろにはいなくなっていて、近くの交番に届け出た。

 男性は2羽を飼育しており「農地を荒らすイノシシよけのために飼っていた」と説明しているという。

「産経WEST」のランキング