産経WEST

【衝撃事件の核心】交番襲撃の元自衛官、素顔は「武器マニア」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
交番襲撃の元自衛官、素顔は「武器マニア」

 両手に刃物、返り血に染まったTシャツ。拳銃の5発の弾は使い切った。小学校に侵入した男は、警察官の制止を聞かず、刃物で襲いかかった。そして腹部に銃撃を受け、その場に倒れた。富山市で6月、交番を襲撃して拳銃を強奪し、2人を殺害したとされる元自衛官、島津慧大(けいた)容疑者(21)。事件後に一時意識不明となり、現在は回復したが、詳しい動機は明らかになっていない。何が男を駆り立てたのか。背景には銃器への傾倒が透けてみえる。

男が警察官を交番で刺し、奪った銃で小学校で警備員に発砲する事件が発生した 男が警察官を交番で刺し、奪った銃で小学校で警備員に発砲する事件が発生した

響く銃声

 6月26日午後2時25分ごろ、富山市立奥田小学校の正門付近。道路を挟んで向かいの住宅街から、島津容疑者が姿を見せた。

 右膝を地面につくと、正門に向けて2発発砲。素早く立ち上がって道路を横切ると、走って正門へ向かった。

 その途上にいた小学校改修工事の警備員、中村信一さん(68)に対し、至近距離から発砲した。中村さんは膝から崩れ落ち、まもなく死亡した。

 島津容疑者が使った拳銃は、15分ほど前に交番で奪ったものだった。

住宅街を走り回る

 富山市久方町の富山県警富山中央署奥田交番。島津容疑者は裏口で応対した所長の稲泉(いないずみ)健一警部補(46)=事件後2階級特進、警視=に突然刃物で襲いかかり、30カ所以上を刺して、拳銃を奪った。

 腰の帯革(たいかく)=ベルト=と拳銃をつなぐ吊りひもは特殊な金属ワイヤ製だ。「ニッパーでも切れない」といわれているが、事後の捜査で寸断されていたことが分かっている。相当大きな刃物で、強引に断ち切ったのかもしれない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 交番襲撃の元自衛官、素顔は「武器マニア」
  • 交番襲撃の元自衛官、素顔は「武器マニア」
  • 交番襲撃の元自衛官、素顔は「武器マニア」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング