産経WEST

【世界の働く女性たち】from シンガポール 米朝会談に振り回される!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界の働く女性たち】
from シンガポール 米朝会談に振り回される!?

米朝両国の首脳の似顔絵が見事に描かれたカプチーノ 米朝両国の首脳の似顔絵が見事に描かれたカプチーノ

 「味はどうだった?」。米国と北朝鮮の代表を描いたカプチーノを運んでくれたバリスタのお兄さんが、お金を払う私に、にこやかに尋ねてきます。

 6月12日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談が開かれました。約16億円を負担し、国を挙げて舞台を整えたシンガポール。両国首脳の到着に合わせて道路は一部封鎖され、地元メディアはテレビや携帯電話のアプリで首脳らの動向を逐次報告してくれました。

 とはいえ、私の働く商業の中心地、オーチャードエリアに訪れる人々は、6月から始まる「グレートシンガポールセール」に夢中。せわしなくニュース通知で点灯するスマートフォンだけが、非日常の中にありました。

 「もっと私も世界が注目するイベントを肌で感じたい!」と訪れたのが、マーライオン公園の横にあるフラトンベイホテル。一時は両国の代表が泊まるかも!? と噂されたホテルです。

 「情報は二転三転するし、振り回されて本当にもう大変だよ」「でも無事に開催されてよかった」-。少し疲れた顔で、優しくほほ笑みながらお兄さんは私にレシートを渡します。米朝代表が描かれた美しいラテアートとお兄さんの笑顔に、シンガポールの底力を感じた朝のひと時でした。

 山口かおりさん(25) ブランドショップを運営する「ギャラリーレア」の社員として、2017年4月からシンガポールに赴任。現地ショップのマネジメントとセールスを担当している。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング