産経WEST

【歴史インサイド】京都を救った琵琶湖疏水建設 知られざるプロジェクトリーダー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【歴史インサイド】
京都を救った琵琶湖疏水建設 知られざるプロジェクトリーダー

 今年は明治150年。首都の座を東京に明け渡した150年前の京都は、やがて人口が3分の2に激減し、「狐狸(こり)のすみか」と揶揄(やゆ)されるほどに落ちぶれた。そんな古都の危機を救ったのが、大津から京都に開削された「琵琶湖疏水(そすい)」の建設だ。この国家的プロジェクトは22歳の若い技師、田邉朔郎(たなべ・さくろう)が成し遂げたと伝えられるが、孫の田邉康雄さん(81)は「注目すべき人物が別にいた」と指摘する。それが朔郎を招聘した当時の京都府知事、北垣国道(きたがき・くにみち)だ。朔郎の妻は北垣の長女なので、田邉さんにとっては北垣は曾祖父にあたる。工部大学校(現・東京大工学部)を卒業したばかりの朔郎を抜擢(ばってき)した北垣について、田邉さんは「真の立役者」としている。(田中幸美)

明治150年に通船「復活」

 琵琶湖疏水は、琵琶湖の水を水力発電や物資運搬、灌漑(かんがい)用水など多目的に活用するため、大津から京都・蹴上(けあげ)まで開削された水路(約8・7キロ)。明治18年8月に着工し23年3月に完成した。

琵琶湖疏水の観光船。大津-京都・蹴上間を往復している=京都市山科区 琵琶湖疏水の観光船。大津-京都・蹴上間を往復している=京都市山科区

 24年には蹴上の水力発電所が送電を始め、27年には伏見まで延長。通船で疏水を利用して人や物を運んだほか、水力発電の採用もあって新しい産業の振興につながり、路面電車も開通。京都復興の足がかりとなった。

 通船は陸運の発達などにより昭和26年で運航が終了。だが、現在でも琵琶湖の水を京都に届ける貴重な水源となっている。また近年は観光振興のため復活の機運が高まり、明治150年にあたる今年の3月末、定期観光船の運航が再開された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 京都を救った琵琶湖疏水建設 知られざるプロジェクトリーダー
  • 京都を救った琵琶湖疏水建設 知られざるプロジェクトリーダー
  • 京都を救った琵琶湖疏水建設 知られざるプロジェクトリーダー
  • 京都を救った琵琶湖疏水建設 知られざるプロジェクトリーダー

「産経WEST」のランキング