産経WEST

小5女児自殺はいじめ要因 蹴られ、仲間はずれ 兵庫・多可の第三者委調査報告書

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


小5女児自殺はいじめ要因 蹴られ、仲間はずれ 兵庫・多可の第三者委調査報告書

 兵庫県多可町で昨年5月、小学5年の女子児童=当時(10)=が自殺した問題で、町教委が設置した第三者委員会は2日、調査報告書を公表した。女児が同級生から蹴られたり、仲間外れにされたりするなどのいじめがあったと認定し、自殺の要因の一つがいじめだったと結論づけた。

「死を選ばざるをえなかった娘の苦しみを理解してもらえない」

 校内アンケートで「仲間外れにされている」と別のクラスの児童から指摘がありながら、学校の対応が不十分だったとも指摘した。

 女児は昨年5月1日、学校から帰宅した後に自殺を図り、翌2日に死亡した。遺族からの要望や教諭や同級生に対するアンケート内容からいじめが原因の疑いがあるとして、町教委が第三者委を設置し、調査していた。

 一方、女児の遺族はコメントを発表し、「娘に対してなされたいじめの詳細が分からず、死を選ばざるをえなかった娘の苦しみを理解してもらえない」として再調査を求める意向を示した。

「産経WEST」のランキング