産経WEST

【大阪北部地震】道路のキャパ超えた交通量 「地震渋滞」どう解消?南海トラフへ重い課題

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪北部地震】
道路のキャパ超えた交通量 「地震渋滞」どう解消?南海トラフへ重い課題

車道も歩道も大渋滞となった新淀川大橋=6月18日午前18時32分、大阪市(本社ヘリから、上が梅田方面) 車道も歩道も大渋滞となった新淀川大橋=6月18日午前18時32分、大阪市(本社ヘリから、上が梅田方面)

 国土交通省などは今年1~3月、東京都内で相乗りタクシーサービスの実証実験を実施。「割り勘」で運賃を安くし、よりタクシーを利用しやすくなるといったメリットがある。利用にはスマートフォンの配車アプリを活用。乗車地や目的地を入力し、同じ方向の利用者がいた場合は相乗りが成立する。運賃はそれぞれの乗車距離に応じて自動的に計算される仕組みだ。

 タクシーの相乗りは道路運送法により原則禁止されている。しかし、東京五輪などの大型イベント時の車両不足対策に加え、地震や大雪時の輸送対策にも相乗りサービスが有効との意見もあり、国交省は実証実験の結果を踏まえ、本格導入の是非を検討する方針だ。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング