産経WEST

【大阪北部地震】道路のキャパ超えた交通量 「地震渋滞」どう解消?南海トラフへ重い課題

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪北部地震】
道路のキャパ超えた交通量 「地震渋滞」どう解消?南海トラフへ重い課題

車道も歩道も大渋滞となった新淀川大橋=6月18日午前18時32分、大阪市(本社ヘリから、上が梅田方面) 車道も歩道も大渋滞となった新淀川大橋=6月18日午前18時32分、大阪市(本社ヘリから、上が梅田方面)

 大渋滞を招いた要因の一つが、通勤ラッシュの時間と重なった鉄道網のまひだ。通勤の車に加え、身動きがとれなくなった家族を迎えに行くなどの目的で、多数の車が大阪に押し寄せ、大混雑につながった。

「行政は車の不使用呼びかけを」

 都市部の輸送は鉄道への依存度が大きく、トラブル時に有効な代替手段がないのが特徴だ。明治大学研究・知財戦略機構の中林一樹研究推進員(都市防災)によると、一般的な10両編成の満員電車には計約2500人が乗車できる。災害時、これを60~70人乗りのバスで代替しようとする場合、40台近くのバスが必要だ。中には乗用車を利用する人もおり、「物理的に道路が厳しい事情になるのは明白」(中林氏)。今回、道路被害が少なかったことも拍車をかけたという。

 一部では救急車の到着が遅れるなどの深刻な影響も出た。中林氏は「行政や警察が『災害時は車を使わないで』と積極的に呼びかけるべきだった」と指摘。「直接被害だけが災害でない。渋滞問題も災害の一つとして受け止め、計画を練る必要がある」と訴える。

タクシー相乗りサービスに期待も

 JR新大阪駅などのタクシー乗り場では当日、乗車を待つ長蛇の列が深夜まで続いたが、相乗りサービスが、こうした問題への切り札になるとの期待もある。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング