産経WEST

【大阪北部地震】道路のキャパ超えた交通量 「地震渋滞」どう解消?南海トラフへ重い課題

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【大阪北部地震】
道路のキャパ超えた交通量 「地震渋滞」どう解消?南海トラフへ重い課題

車道も歩道も大渋滞となった新淀川大橋=6月18日午前18時32分、大阪市(本社ヘリから、上が梅田方面) 車道も歩道も大渋滞となった新淀川大橋=6月18日午前18時32分、大阪市(本社ヘリから、上が梅田方面)

 大阪北部地震では鉄道の運行が長時間ストップし、この影響で大阪府内に激しい渋滞が起きた。公共交通機関がまひする中、出勤や家族を迎えに行く人など、さまざまな目的の車が都心部に殺到。交通量は道路のキャパシティーを超え、大規模な「地震渋滞」を招いた。将来の南海トラフ巨大地震などを念頭に、専門家は「行政が車の使用を控えるよう呼びかけるべきだ」と指摘。渋滞・輸送対策として、複数の乗客が1台のタクシーに相乗り乗車するサービスに期待する声もある。

鉄道、高速ストップで大渋滞へ

 6月18日午前10時ごろ、大阪北部を縦断する幹線道路「新御堂筋」(国道423号)。新大阪方面から難波方面へ向かう男性客を乗せたタクシーの男性運転手(50)は、なかなか動かない車列に困惑していた。「朝の新御堂の渋滞は珍しくないが、こんなに動かないのは初めて」と運転手。「余震も怖いし、渋滞がいつ解消されるのか情報も乏しく、ただ待つしかできなかった」と振り返った。

 阪神高速道路の全17路線と西日本高速道路の関西エリアの高速道路が通行止めになり、大量の車両が幹線道路に流入した。日本道路交通情報センターによると発生2時間後の18日午前10時時点で、大阪中央環状線の茨木市~東大阪市間で合計20キロ弱の断続的な渋滞が続いたほか、大阪外環状線でも東大阪市付近で6・5キロの渋滞を記録。周辺の迂回路(うかいろ)も激しく混雑した。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング