産経WEST

JR高山線で土砂崩れ、けが人なし 岐阜

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JR高山線で土砂崩れ、けが人なし 岐阜

 29日午後5時40分ごろ、岐阜県下呂市萩原町上呂の山腹が大雨の影響で崩れ、JR高山線の線路に土砂が流入した。市によると、幅約50メートル、高さ約100メートルにわたって流れ込み、民家の敷地内にも入ったが、けが人はいない。

 JR東海はこれを受け、下呂-高山間の上下線で終日運転を見合わせた。復旧するめどは立っていない。

 市は土砂災害の危険が高まったとして、萩原町上呂などの90世帯293人に避難指示を、郡上、高山両市は計約2万3700人に避難勧告をそれぞれ出した。

 岐阜地方気象台によると、下呂市は29日午後6時までの1時間に約70ミリの雨が降り、大雨警報や洪水警報が出ていた。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング