産経WEST

拾得物のスマホ横領容疑、巡査長を書類送検 石川

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


拾得物のスマホ横領容疑、巡査長を書類送検 石川

 石川県警は29日、交番勤務中に拾得物として保管中だったスマートフォンを持ち出したとして、業務上横領の疑いで、金沢中署地域課の20代の男性巡査長を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査長は「写真やLINE(ライン)のやりとりを見たかった」と容疑を認め、同日付で依願退職した。

 書類送検容疑は4月5日午前11時ごろ、拾得物として交番に届けられたスマホを交番から持ち出し、中に入っていた写真などを見たとしている。

 県警監察課によると、スマホは同日午前8時20分ごろ届けられたが、巡査長は届けた人に渡す書類を作成せず、退勤時に持ち出した。交番には他に巡査部長が1人いたが、気付かなかったという。持ち主がスマホの位置を調べ、該当する場所に止まっていた車の中にいた巡査長を発見、通報した。

 県警の坂尻勇一首席監察官は「関係者に深くおわびする。職員の指導監督を徹底し再発防止と信頼回復に努める」とコメントした。

「産経WEST」のランキング