産経WEST

絶滅危惧種「ニホンライチョウ」自然ふ化せず、無精卵の可能性 富山

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


絶滅危惧種「ニホンライチョウ」自然ふ化せず、無精卵の可能性 富山

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む富山市ファミリーパークは27日、自然ふ化を試みていた卵3個がふ化しなかったと発表した。無精卵か、ごく初期に成長が止まったとみられる。

 同パークによると、人工繁殖事業で自然ふ化は初の試みだった。5月23~28日に産卵した卵を母鳥が28日から温めていたが、ふ化予定日の6月19日を過ぎてもふ化しなかった。光を当てて卵の中身を確認したところ、ひなの影が見えなかった。

 担当者は「いずれ、自然抱卵は取り組まなければいけない課題ではある。今年得られた情報を生かし、一番良い環境設定を議論していきたい」と話した。

 今年、同パークでは飼育していた雌が11個の卵を産み、人工ふ化で6羽のひながかえった。このうち12~13日にふ化した3羽は体重が53~60グラムになり、順調に育っている。

「産経WEST」のランキング