産経WEST

大相撲巡業中に土俵で倒れた舞鶴市長が退院

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大相撲巡業中に土俵で倒れた舞鶴市長が退院

退院した京都府舞鶴市の多々見良三市長(右)=舞鶴市提供 退院した京都府舞鶴市の多々見良三市長(右)=舞鶴市提供

 京都府舞鶴市で今年4月に開催された大相撲春巡業で、あいさつ中に倒れた同市の多々見良三市長(67)が14日、同市内の病院を退院した。くも膜下出血で手術を受けたが後遺症はなく、今月末には公務に復帰する予定。

 多々見市長の救命措置で土俵に上がった女性に対し、日本相撲協会が土俵を下りるように求めるアナウンスを行い、人命よりも土俵の「女人禁制」という伝統を重視したとの批判が集まった。

「産経WEST」のランキング