産経WEST

「日本の心見つめ直して」米作りテーマの長編ドキュメンタリー映画 大阪・河内長野で撮影

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「日本の心見つめ直して」米作りテーマの長編ドキュメンタリー映画 大阪・河内長野で撮影

キアラ・フィリップスさん(左から2人目)らが田植えに挑む光景を撮影する瀧川元気さん=大阪府河内長野市 キアラ・フィリップスさん(左から2人目)らが田植えに挑む光景を撮影する瀧川元気さん=大阪府河内長野市

 日本の文化を広く発信しようと、「米作り」をテーマにした長編ドキュメンタリー映画の制作が河内長野市で進められている。市を舞台にした別の長編映画作りに取り組んでいる瀧川元気さん(32)らが監督を務め、今月10日には田植えシーンの撮影が行われた。瀧川さんは「映画を通じて日本人の心を見つめ直してほしい」と話している。(藤崎真生)

 作品のタイトルは「オーラルヒストリーと米作り(仮題)」で、瀧川さんと齊藤進之介さん(29)の2人がメガホンを取る。日本人の“原点”ともいえる米作りの過程を記録し、日本文化を国内外に発信する。

 映画では、瀧川さんが講師を務める「放送芸術学院専門学校」(大阪市北区)の学生で、オーディションを通過した香港などからの留学生を含む約20人が参加。農業に携わる70~80代の高齢者らとの交流を通じて、日本の伝統、精神文化を継承してもらうことも狙いにしている。

 作品の中で重要な場面となる田植えの撮影は、瀧川さんの祖父で、農業を営む大宅成一(おおやしげかず)さん(83)=河内長野市=が所有する田んぼで行われた。約500平方メートルの広さがあり、出演者らは機械を使わず、約2時間かけて苗を手で植えていった。同校タレント科俳優コース1年の松岡日紗乃(ひさの)さん(18)は「映画を見てもらうことで、日本人の主食・米に対する関心がもっと高まるようになれば」と話した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング