産経WEST

【ロシアW杯】勝負の行方、どう分ける? ビデオ判定に4人目交代 W杯で初導入

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ロシアW杯】
勝負の行方、どう分ける? ビデオ判定に4人目交代 W杯で初導入

 【モスクワ=田中俊之】14日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会では、プレーの映像確認を担う審判員「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」と、延長戦の「4人目交代枠」がW杯として初めて採用される。いずれも試合の重要な場面で活用されるため、どのように運用されるかで勝負の行方も左右されそうだ。

流れ止まる 

 明らかな誤審を防ぐことを目的に導入されたVAR。対象になるのは「得点」「PK」「一発退場」「警告、退場の人定」の4つのケースだ。審判員は映像検証した情報を主審に伝え、最終的な判定は主審が決める。ロシア大会では、VARの対象映像が会場スクリーンにも映し出される予定で、観客も一緒にプレーを確認できる。

 W杯の有名な「誤審」としては、1986年のメキシコ大会でアルゼンチンの英雄マラドーナがヘディングに見せかけて手で得点を奪った「神の手」ゴールなどが有名だが、今後はこうした「ミスジャッジ」は避けられそうだ。しかし、すでに試験導入されている欧州のリーグなどでは「映像確認で試合の流れが寸断される」「ビデオ検証が必要となる範囲が明確ではない」といった理由から批判が相次いでいる。今大会後には、導入の是非をめぐる議論も活発化しそうだ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング