産経WEST

籠池被告宅入札28日から 大阪地裁、7月11日開札

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


籠池被告宅入札28日から 大阪地裁、7月11日開札

保釈され会見する籠池泰典被告(右)と妻諄子被告=25日午後8時、大阪市北区(彦野公太朗撮影) 保釈され会見する籠池泰典被告(右)と妻諄子被告=25日午後8時、大阪市北区(彦野公太朗撮影)

 民事再生中の学校法人「森友学園」の前理事長、籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=の大阪府豊中市の自宅について、2月に強制競売の開始決定を出した大阪地裁は14日、入札の実施を公告した。期間は28日~7月5日、開札は7月11日で、同18日に地裁が売却の可否を決める予定。

 籠池被告と妻の諄子被告(61)=同=は昨年7月に大阪地検特捜部に逮捕され、5月25日に約10カ月ぶりに大阪市都島区の大阪拘置所から保釈された。自宅に戻っているとみられる。

 森友学園の管財人は籠池被告の経営責任を問い、損害賠償請求できる額の査定を求め、地裁が昨年12月に約10億3千万円と決定。関係者によると、うち数億円分として、同被告の自宅の土地約196平方メートルと建物の強制競売を申し立てていた。

「産経WEST」のランキング