産経WEST

天ぷら油から自動車燃料…マツダ、ユーグレナなど

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


天ぷら油から自動車燃料…マツダ、ユーグレナなど

 広島県や広島市、広島大、マツダなどで構成する「ひろしま自動車産学官連携推進会議」は13日、バイオベンチャーのユーグレナ(東京)と連携し、使用済みの天ぷら油やミドリムシを原料に次世代のバイオディーゼル燃料を製造する取り組みを始めると発表した。化石燃料に代わる自動車燃料として平成32年をめどに実用化を目指す。

 県内の家庭や事業所から回収した天ぷら油などを、横浜市にあるユーグレナのプラントに供給し、バイオ燃料を製造。まず公用車で実証実験を行い、将来的に一般車両にも広げたい考えだ。

 広島市で記者会見したマツダの工藤秀俊執行役員は「電気自動車などの普及には時間がかかるが、並行して次世代バイオ燃料に取り組むことで、持続可能な車社会の実現につなげたい」と述べた。ユーグレナの出雲充社長は「資源国ではない日本の国内でバイオ燃料を調達、製造することは、海外からの輸送の手間もかからず、意義がある取り組みだ」と語った。

「産経WEST」のランキング