産経WEST

【華麗なる宝塚】月城かなとフィッツジェラルド演じる 「ボロボロになった姿も魅力的。しっかり演じたい」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【華麗なる宝塚】
月城かなとフィッツジェラルド演じる 「ボロボロになった姿も魅力的。しっかり演じたい」

月組男役スター 月城かなと=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(前川純一郎撮影) 月組男役スター 月城かなと=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(前川純一郎撮影)

 宝塚歌劇団月組の人気男役スター、月城(つきしろ)かなと主演「THE LAST PARTY」(作・演出、植田景子氏)が6月14日~20日、東京・日本青年館ホールで、6月30日~7月8日、大阪・梅田芸術劇場シアタードラマシティで上演される。「華麗なるギャツビー」で知られる偉大な米作家の波乱の人生を描く作を12年ぶりに再演。外部劇場初主演、主演での東上も初の月城は「喜びと責任を感じています」と美しき顔を引き締め、力強く語る。

 平成16年に宙(そら)組、月組と2組連続で宝塚バウホールで上演され、ともに18年に東京で再演された名作。月城は劇団内でも多くの人から声を掛けられ、再演を喜ばれたそうで、「皆さんにご期待いただいていることを感じながら、稽古に臨みました」。

 演出の植田の意向で、過去の映像はできるだけ見ないようにした。「新しい作品を作る気持ちで、まず台本を読んでほしいと。読んでいると切なく、さまざまな感情になってきて。それをいかにすてきに表現できるかを考えていました」

 1920年代。時代の寵児(ちょうじ)として栄光に包まれた米作家のフィッツジェラルドが大恐慌後に転落するも、最後まで一流の作家を目指してもがく姿を描く。彼は劣等感や野心、美しい妻への愛など自分自身の経験を美文で小説にする手法の作家だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 月城かなとフィッツジェラルド演じる 「ボロボロになった姿も魅力的。しっかり演じたい」
  • 月城かなとフィッツジェラルド演じる 「ボロボロになった姿も魅力的。しっかり演じたい」
  • 月城かなとフィッツジェラルド演じる 「ボロボロになった姿も魅力的。しっかり演じたい」
  • 月城かなとフィッツジェラルド演じる 「ボロボロになった姿も魅力的。しっかり演じたい」

「産経WEST」のランキング