産経WEST

薬混入、キャバクラの女性従業員を乱暴未遂の疑い 信金職員の男逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


薬混入、キャバクラの女性従業員を乱暴未遂の疑い 信金職員の男逮捕

 愛知県警中署は12日、キャバクラの女性従業員を乱暴しようとしたとして、準強制性交未遂の疑いで、同県長久手市郷前の信用金庫職員、鈴木浩文容疑者(56)を逮捕した。

 逮捕容疑は12日午前2時50分ごろ、名古屋市中区のバーで、女性(21)の飲み物に睡眠導入剤を混入して意識を消失させ、バーから連れ出して乱暴しようとしたとしている。

 同容疑者は女性と2人でキャバクラから外出し、バーを訪れた。飲み物に薬を入れるのを目撃した別の客が、女性を連れ出そうとした同容疑者を制止した。

 中署によると、同容疑者は「ホテルに連れ込んで、同意を得ずに性交するために混入した」と供述、容疑を認めているという。

「産経WEST」のランキング