産経WEST

「Qエリザベス号やエッフェル塔の下でも試合します」ビーチバレー・楠原選手らが児童指導 松山

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「Qエリザベス号やエッフェル塔の下でも試合します」ビーチバレー・楠原選手らが児童指導 松山

嶋田選手(右)の指導でミット打ちをする児童=松山市立番町小学校 嶋田選手(右)の指導でミット打ちをする児童=松山市立番町小学校

 平昌五輪スピードスケート競技で入賞した郷亜里砂選手ら、愛媛県のスポーツ専門員4人が7日、松山市二番町の市立番町小学校で講話やスポーツ体験の指導をした。同専門員の学校での指導はこれが初めて。

 訪れたのはほかに、北京五輪ビーチバレー日本代表の楠原千秋選手、えひめ国体でともに1位になったボクシングの嶋田亨選手と体操の出口諒財選手。同校5年部親子会の要請で出向いた。

 体育館には5年生約70人と保護者ら約40人が集まり、楠原選手が「クイーン・エリザベス号やエッフェル塔の下でも試合をします」。郷選手が「スタート前はピリピリに緊張してました」と、トップアスリートならではの貴重な体験を披露。児童達は熱心に聴いたあと、嶋田、出口両選手のアドバイスを受けながら、ミット打ちやマット運動に楽しく取り組んだ。

「産経WEST」のランキング