産経WEST

【将棋】息をするのもはばかれる張り詰めた空気-棋聖戦宿泊プラン参加者「駒で会話できることを感じた」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
息をするのもはばかれる張り詰めた空気-棋聖戦宿泊プラン参加者「駒で会話できることを感じた」

棋聖戦観戦ツアー参加者に指導対局を行う長谷川優貴女流二段(左) =6日午前、兵庫県洲本市のホテルニューアワジ(志儀駒貴撮影) 棋聖戦観戦ツアー参加者に指導対局を行う長谷川優貴女流二段(左) =6日午前、兵庫県洲本市のホテルニューアワジ(志儀駒貴撮影)

 産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」の第1局が兵庫県洲本市のホテルニューアワジで開かれているのに合わせて観戦宿泊プランが企画され、12人が参加した。6日朝、対局室に入った参加者は振り駒や対局開始の瞬間などを見学。昨年に続いて参加した大阪市阿倍野区の西上百合子さん(67)は「対局室は厳粛で、息をするのも悪いような張り詰めた感じがしました」と話した。

 その後、村田智穂女流二段(34)と長谷川優貴女流二段(22)と対局し、指導を受けた。夫と初めて参加した横浜市西区の会社員、依田幸枝さん(47)は「全くの初心者で指導対局も初めて。でも、『駒を通して会話ができる』ということを感じました」と喜んでいた。参加者は午後からの大盤解説会も楽しんだ。

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

 産経新聞社では「第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」第4局(新潟・岩室温泉)で、棋士と交流できる宿泊プランを企画しています。特別に対局を見学できるほか、前夜祭や大盤解説会、指導対局に参加できます。

 観戦宿泊プランの詳細はこちら

このニュースの写真

  • 息をするのもはばかれる張り詰めた空気-棋聖戦宿泊プラン参加者「駒で会話できることを感じた」

「産経WEST」のランキング