産経WEST

神戸中3女子自殺の隠蔽問題で市教委指導へ 文科相「極めて遺憾」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神戸中3女子自殺の隠蔽問題で市教委指導へ 文科相「極めて遺憾」

 神戸市垂水区で平成28年10月、市立中3年の女子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、文部科学省は5日、学校が友人に聞き取った内容のメモが隠蔽されていたことを受け、初等中等教育局の幹部を市教委に同日派遣し、対応を指導することを明らかにした。

 林芳正文科相は閣議後記者会見で「極めて遺憾だ。調査で把握した情報は、規則にのっとって適切な管理を求めている。二度と同じことが起こらないよう指導したい」と述べた。同市が市教委とは別に自殺の原因を再調査する方針を示していることについては「保護者と市教委の信頼関係がないことの表れだ」と指摘した。

 市教委は3日、市教委の首席指導主事と当時の校長が相談して遺族に対し、メモが存在しないとの虚偽の説明をしたと明らかにした。

「産経WEST」のランキング