産経WEST

鶏卵の中に人のがん再現、治療薬の効き目検証 京大

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鶏卵の中に人のがん再現、治療薬の効き目検証 京大

鶏の有精卵の中で人工的に作られた、人の卵巣がん(京都大の玉野井冬彦特定教授提供) 鶏の有精卵の中で人工的に作られた、人の卵巣がん(京都大の玉野井冬彦特定教授提供)

 鶏の有精卵の中で人の卵巣がんを人工的に作り、抗がん剤の効き目を試せる手法を開発したと、京都大の玉野井冬彦特定教授(生化学)のチームが4日付の英科学誌電子版に発表した。

 がんは、同じ種類でも、各患者や進行度合いにより性質が違う。鶏卵の中のがんは個々の患者のがんをもとに作るため、最適の抗がん剤を選択するのに役立つという。

 玉野井特定教授は「遺伝子解析や、がんを再現したマウスを使って有効な抗がん剤を探すよりも、期間や費用を大幅に減らせる」と話している。

 研究では、摘出手術を受けた患者の卵巣がんを細かく砕き、殻に穴を開けた鶏卵に入れた。すると3、4日で、患者のものと酷似したがんができた。マウスに患者のがん細胞を移植し、がんを再現するには数週間かかるため「大幅な期間の短縮。卵は安価で低コスト化も図れる。大腸がんや肺がんなどでも可能か検討が必要」としている。

 またチームは、抗がん剤には体のさまざまな臓器を傷つける副作用があるため、多数の穴を持つ超微細なナノ粒子に抗がん剤を詰め、がんだけを狙い撃ちする手法を考案。卵巣がんを再現した鶏卵にナノ粒子を投与すると、がん内部に到達し、がんが消滅した。がんにだけ蓄積し、抗がん剤が作用したため、鶏の胎児の臓器には異常が見られなかったという。

「産経WEST」のランキング