産経WEST

【関西の議論】カフェスクールに通う女性増加、チャレンジ体験も…高い廃業率のリスクを避けるノウハウとは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
カフェスクールに通う女性増加、チャレンジ体験も…高い廃業率のリスクを避けるノウハウとは

プロのシェフから実演講義を受ける「カフェズライフ」の受講生たち=大阪市北区 プロのシェフから実演講義を受ける「カフェズライフ」の受講生たち=大阪市北区

 施設を管理する市男女いきいき財団事業開発リーダーの岸上真巳(きしがみまみ)さんは「以前から『カフェをやりたい』という相談を受けていたので、平成17年に講座を開設しました。同時に館内で飲食したり、交流したりできるスペースがあったらいいとの声もありました」と話す。年2回の講座には毎回、20~60代後半の女性約30人が参加しており、運営者に選考されると仕入れや在庫管理、接客などの実務経験を積むことができるという。

 しかし、実際にカフェを経営するとなると、買い出しや仕込み、閉店の片付けなどかなりのハードワーク。ときには、お客さんから思わぬクレームが飛んできて、対応に追われることも少なくない。

 岸上さんは「覚悟がないまま開店して、負債を抱えて閉店に追い込まれるのを防ぎたい。大阪市内には大阪産業創造館など、起業をサポートする態勢も整っているので、経営相談なども活用してほしい」とアドバイスする。

日替わり店主でカフェ経営をシェア

 日替わり店主が店に立つユニークな形態の「common cafe(コモンカフェ)」(大阪市北区中崎町)も注目される。

 平成16年にオープンした、カフェやバーなどの飲食店開業を目指す人たちが試験的に営業する貸し店舗で、週に1回や月に1回だけなら仕事をやめなくても店主になることができる。いわゆるカフェのシェアだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • カフェスクールに通う女性増加、チャレンジ体験も…高い廃業率のリスクを避けるノウハウとは
  • カフェスクールに通う女性増加、チャレンジ体験も…高い廃業率のリスクを避けるノウハウとは
  • カフェスクールに通う女性増加、チャレンジ体験も…高い廃業率のリスクを避けるノウハウとは
  • カフェスクールに通う女性増加、チャレンジ体験も…高い廃業率のリスクを避けるノウハウとは

「産経WEST」のランキング