産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】鳥谷の処遇めぐり重大局面か 迫る「6月13日」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
鳥谷の処遇めぐり重大局面か 迫る「6月13日」

代打で鳥谷敬を起用する金本知憲監督=17日、甲子園球場(岡田亮二撮影) 代打で鳥谷敬を起用する金本知憲監督=17日、甲子園球場(岡田亮二撮影)

 鳥谷敬内野手(36)の処遇は6月13日までに重大局面が訪れるかもしれません。鳥谷はチーム41試合消化時点(24日)で68打数10安打の打率・147、5打点。それでも連続試合出場は1936試合継続中です。1位の衣笠祥雄(広島)の2215試合まで279試合です。記録の必然性が問われる中で金本監督は起用し続けていますが、DH制が採用される交流戦のビジターでは投手に代打起用がなく、起用法は狭められます。6月13日には阪急阪神HDの定期株主総会が開催。株主からの厳しい批判が予想されるため、鳥谷の処遇はそれ以前に急展開する可能性がありますね。

■このペースなら「珍記録」が…

 鳥谷の打撃の状態が一向に上向きません。チーム41試合消化時点(24日)で80打席、68打数10安打の打率・147、本塁打0で打点5。連続試合出場は継続中ですが、1試合で入る打席数は少なく、このままシーズン終了を迎えれば規定打数に到達しないまま連続試合が続く…という極めて奇妙な記録が残ります。 当然ながらチーム内外ではさまざまな声が聞こえてきます。

 「鳥谷はレギュラーでずっとプレーしてきた選手だから。あれだけ打席数が少ないと調子は上がってこない。二塁に転向させたのだから、もっとスタメンで起用すれば調子が上がってくる」という阪神OBの見方もあれば、逆に「プレーを見ても体にキレがない。プロなんだから、起用法のせいにするのではなく、自分で調子を上げていかないと…。金本監督の温情起用が続く状態を自分で打開しないといけない」という声もあります。

 もっと厳しい声もあります。ポイントになったのは5月12日の広島戦(マツダ)でした。打撃好調だった上本が5日の中日戦(甲子園球場)の初回、二盗を試みた際に左足を痛めました。今季20試合で打率・422だった二塁手が左膝前十字靭帯(じんたい)損傷で長期離脱した直後でした。さらに売り出し中の遊撃・植田海が体調不良でベンチから外れる緊急事態。二塁手と遊撃手の駒が決定的に不足する状況下で、チームの関係者らは「二塁スタメンは鳥谷だろう」と予想していたのです。

続きを読む

このニュースの写真

  • 鳥谷の処遇めぐり重大局面か 迫る「6月13日」
  • 鳥谷の処遇めぐり重大局面か 迫る「6月13日」
  • 鳥谷の処遇めぐり重大局面か 迫る「6月13日」

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング