産経WEST

京都中央信用金庫の元職員が9300万円着服 発覚後自殺

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都中央信用金庫の元職員が9300万円着服 発覚後自殺

 京都中央信用金庫(京都市下京区)は25日、元職員の男性(58)が顧客の定期預金の解約金などから約9300万円を着服していたと発表した。同信金は10日付で懲戒解雇とし、元職員は翌11日に自殺したという。

 同信金によると、元職員は和束(わづか)出張所(京都府和束町)の営業係長だった平成26年10月~今年3月、顧客11人の預金の解約金などから計9373万4千円を着服していた。今月8日、顧客からの情報提供を基に調査した結果、発覚したという。

 元職員は金を遊興費などに充てていたとみられる。信金は業務上横領罪で元職員を告訴する方向で京都府警と相談中としている。

 信金は関係者の処分を検討しており、「不祥事を発生させ、お客さまに多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを深く反省し、心からおわび申し上げます」としている。

▼【関連ニュース】横領6億円超、社長を自殺に追い込んだ女「ケリーバッグ全色を持ってる」豪遊ライフ

「産経WEST」のランキング