産経WEST

パート女性パワハラ自殺…ケーズデンキ賠償命令「ライバル店の価格調査…苦痛」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パート女性パワハラ自殺…ケーズデンキ賠償命令「ライバル店の価格調査…苦痛」

 家電量販店「関西ケーズデンキ」(大阪市)の滋賀県内店舗で働いていたパート従業員の女性=当時(49)=が自殺したのは、当時の男性店長によるパワーハラスメントが原因だったとして、遺族が同社と元店長に計約7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁(西岡繁靖裁判長)は24日、計110万円を支払うよう命じた。

■因果関係は認めず、原告は控訴の方村

 西岡裁判長は、元店長が指示した競合店の価格調査が「業務の適正な範囲を超えた過重なもので、強い精神的苦痛を与える」として、精神的苦痛に対する慰謝料を認めた。

 一方で、女性が現実に価格調査業務に従事していなかったことなどから、指示と自殺との因果関係は認めなかった。

 判決によると、女性は平成27年9月23日、元店長から競合店舗の価格調査業務への配置換えを打診された。5~6時間かけて価格調査する内容で、女性は同28日夜、調査が苦痛であることを訴え、元店長と約3時間半話し合った。翌日朝、自宅で首を吊って自殺した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング