産経WEST

【銀幕裏の声】「ドラマは8対7の乱打戦、映画は1対1の投手戦!」鶴橋康夫監督が語る映画&ドラマ論

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
「ドラマは8対7の乱打戦、映画は1対1の投手戦!」鶴橋康夫監督が語る映画&ドラマ論

映画、テレビドラマ論を野球に例えながら語る鶴橋康夫監督 映画、テレビドラマ論を野球に例えながら語る鶴橋康夫監督

 「野球の試合に例えるなら、テレビドラマは8対7の乱打戦。映画は1対1の投手戦」。元読売テレビの名演出家として数々のドラマを手掛けてきた鶴橋康夫監督がメガホンを執った新作の時代劇映画「のみとり侍」が5月18日から全国で公開された。冒頭の言葉は長年、ドラマと映画の両方の撮影現場で指揮を執り続けてきた中で得た鶴橋監督の持論。新作時代劇への思いとともに、映画とドラマに対する考え方を聞いた。

  (戸津井康之)

■構想30年

 新作「のみとり侍」は鶴橋監督にとって、「愛の流刑地」(平成19年)、「源氏物語 千年の謎」(23年)、「後妻業の女」(28年)に続いて4本目となる映画。だが、最初に構想したのは、実に30年以上前にさかのぼる…。

 舞台は江戸時代中期。越後長岡藩の勘定方、寛之進(ひろのしん、阿部寛)は、真面目(まじめ)な性格が災いし、歌会の席で藩主が詠んだ歌を盗作だと素直に進言してしまい左遷される。左遷先は貧乏長屋の“猫の蚤(のみ)とり屋”。蚤とりとは表稼業で、裏稼業は男娼だった。同じ頃、妻に浮気がばれ、小間物問屋を追い出され、蚤とり屋へ来た“遊び人”清兵衛(せいべえ、豊川悦司)を寛之進は師と仰ぎ、遊び人の技を伝授してほしい、と頼むが…。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ドラマは8対7の乱打戦、映画は1対1の投手戦!」鶴橋康夫監督が語る映画&ドラマ論
  • 「ドラマは8対7の乱打戦、映画は1対1の投手戦!」鶴橋康夫監督が語る映画&ドラマ論
  • 「ドラマは8対7の乱打戦、映画は1対1の投手戦!」鶴橋康夫監督が語る映画&ドラマ論
  • 「ドラマは8対7の乱打戦、映画は1対1の投手戦!」鶴橋康夫監督が語る映画&ドラマ論

関連トピックス

「産経WEST」のランキング