産経WEST

【衝撃事件の核心】死刑求刑も判決が無期懲役でなく懲役30年の理由 大阪・門真の一家殺傷事件

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
死刑求刑も判決が無期懲役でなく懲役30年の理由 大阪・門真の一家殺傷事件

 「被告人を懲役30年に処する」。主文が告げられると、極刑を求めていた遺族は表情を失った。大阪府門真市で平成28年10月、大工の川上幸伸(ゆきのぶ)さん=当時(43)=が殺害され子供3人も重軽傷を負った事件。殺人や殺人未遂罪などに問われた小林裕真(ゆうま)被告(25)に対し、大阪地裁は4月13日、求刑の死刑から“1段階下がった”無期懲役ですらなく、懲役30年の有期刑を言い渡した。量刑の判断を分けたのは何だったのか。

検察「一家皆殺しを目的に」

 「残念で、悔しくてならない。子供たちもつらい思いをしながら、パパのためにと頑張ってきたのに」。判決言い渡し後、川上さんの妻(45)は遺影を胸に、唇をかみしめた。

判決後の記者会見で悔しさを訴えた川上幸伸さんの遺族ら=大阪市北区 判決後の記者会見で悔しさを訴えた川上幸伸さんの遺族ら=大阪市北区

 判決などによると、川上さんは、刃渡り約30センチの短刀で、胸などを約30回にわたって突き刺され、死亡。さらに長女(21)、次女(19)、長男(17)も重軽傷を負った。

 事件で小林被告は、川上さん方の窓ガラスをガスバーナーなどで焼いて破壊した上で、室内に侵入。面識のない一家4人を就寝中に襲った。子供3人のけがは全治2週間~6カ月と診断されたが「2人は一歩間違えば死んでいたかもしれないほどの重篤な傷害」(判決)。目の前で父親が殺された心の傷も深い。

 一方、小林被告は事件の約2カ月前に短刀を購入し、殺害方法や民家への侵入方法をインターネットで検索していたという。

「2カ月前から妄想が悪化」無罪を主張…そして

このニュースの写真

  • 死刑求刑も判決が無期懲役でなく懲役30年の理由 大阪・門真の一家殺傷事件

関連トピックス

「産経WEST」のランキング