産経WEST

【正木利和のスポカル】写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【正木利和のスポカル】
写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待

映像で示した対象物 映像で示した対象物

 初めて澤田華(27)の作品を見たのは昨年の秋、神戸アートビレッジセンターの「ワン・フロア」という企画展だった。公募で選出された3人の有望な若手作家の作品を並べたもので「合目的的不毛論」というタイトルだったが、なかでも澤田の作品は、ひときわ現代的で目を奪われた。

 その作品は、こんな感じだ。

 古本で見たマイケル・ジャクソン主演のアトラクション画像の下部に小さく写っていた、得体(えたい)の知れない「もの」が気になった彼女は、謎の物体を読み解くため、形状やサイズ、色彩などを、あらゆる手段を使って追跡してゆく。

 たとえば画像を拡大して色彩を解析したり、同じような形状のものをインターネットの情報で調べて比較してみたり、画像のスケッチや立体化、さらには映像化にまで取り組んでいる。

 こうして「もの」の正体をさまざまな手法を使って追いかけ、得られた情報を蓄積し、最終的にはそれを画像や映像に構成して提示する。するとそこに不思議なアート空間ができあがっている。

 ほかの2人の作品が彫刻とかパフォーマンスだったこともあって、彼女のそれは実にクールだった。加えて、答えにたどりつけない、という拍子抜けの結末もまた、おもしろい。

 《カフカの小説「城」のよう》

 そのときの展評に、確かこんなことを書いた。

 以来、澤田という作家が気になっている。

■   ■

 京都・八坂神社のそばのギャラリー、「eN arts」で開催される「showcase #7 “写真とスキャン PHOTO&SCAN”」に、神戸のときと同じ「Gesture of Rally(ラリーの身振り)」というタイトルのシリーズ作品を発表する、と彼女から案内をもらった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待
  • 写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待
  • 写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待
  • 写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待
  • 写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待
  • 写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待
  • 写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待
  • 写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待
  • 写真の“ノイズ”を「考えるアート」に昇華させた澤田華への期待

関連ニュース

「産経WEST」のランキング