産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】やっとロサリオお目覚め打…チーム方針・育成能力を総点検せよ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
やっとロサリオお目覚め打…チーム方針・育成能力を総点検せよ

【中日×阪神】10試合ぶり4度目の猛打賞…ウィリン・ロサリオを迎える金本知憲監督=18日夜、ナゴヤドーム(森本幸一撮影) 【中日×阪神】10試合ぶり4度目の猛打賞…ウィリン・ロサリオを迎える金本知憲監督=18日夜、ナゴヤドーム(森本幸一撮影)

 ロサリオ低空飛行でも新外国人野手獲得の動きはなし!! 最重要ポイントはチーム方針の再確認と問題点の総点検および矯正です。金本阪神は37試合消化時点で借金1(18勝19敗)で3位。チーム防御率3・39はリーグ2位ですが、チーム打率・226、本塁打20本はリーグ最低。特にウィリン・ロサリオ内野手(29)の打撃不振が問題になっていますが、球団に新外国人獲得の動きはありません。今やるべきことは外国人野手1人制を敷いたチーム方針の再確認と達成度や問題点のチェックですね。現体制の育成能力を徹底解剖しなければなりません。

■ロサリオを“代打”野手外国人より…将来のタイガースを左右する大問題

 ロサリオの弾けるような笑顔を久しぶりに見ました。18日の中日戦(ナゴヤD)で3安打の活躍。1点を追う六回二死一、三塁では3月17日のオープン戦で本塁打を放った小笠原から中前の同点タイムリー。千金の同点打は8日の巨人戦(東京D)で看板直撃の3号を放って以来、34打席ぶりの打点でした。直後の糸原のタイムリーで逆転すると高橋遥-ドリスの継投でチームは辛勝しました。

 「きょうはいい日だった。コースに逆らわず、センター方向にアジャストすることができた。チームに貢献することができてよかったよ」

 5日の中日戦(甲子園球場)以来、10試合ぶり4度目の猛打賞を記録したロサリオは本当に安堵(あんど)の表情を浮かべていました。なにしろ9日の巨人戦から7試合で28打数1安打という散々の成績で、その間、開幕から入っていた4番からも降格しました。右投手の外角に流れる変化球にバットは空を切るばかり。チームが上昇気流に乗れない戦犯扱いを受けていました。相手が左腕投手だったとはいえ、久々の快音連発が何かのきっかけになればいいですね。この勢いを今後も続けてもらいたいものです。

 チーム37試合消化時点でロサリオの成績は打率・238、本塁打3本、打点17。三振31、併殺打5、四球8個。3年目を迎えた金本阪神の不動の4番を期待していた周囲からは落胆の声が日増しに大きくなっていた矢先の活躍でもありました。

 ただ、チームの周辺やファンも最近はロサリオの打撃内容に一喜一憂してばかり(一喜はあまりありませんが…)で、今もっとも大事なポイントを見失っている傾向がありますね。そのポイントの核心は現在の球団内部の動きから逆に推察できます。

続きを読む

このニュースの写真

  • やっとロサリオお目覚め打…チーム方針・育成能力を総点検せよ

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング